2009年06月01日

三友化成工業株式会社 様

DSCF0894.JPG第8回は、従業員数50名、沼津市東椎路でプラスチック成形加工を行なっていらっしゃいます
三友化成工業株式会社 様をご紹介いたします。
市川雄史社長にお話をお伺いしました。


Q.昨年11月に社長に就任されたばかりですが、社長に就任された経緯を教えてください。
先代が退任することになりまして、先代の意思を継いでさらに会社を盛り立てていこうと思い、先代の義弟だったということもあり、社長に就任しました。


Q.社長への就任を決断したものは何だったのでしょうか。
社長を受けるにあたり、周りの人からはずいぶんと心配をされました。就任当初は、いろいろなことを考えて眠れずに夜中に外を歩き回っていたこともありました。ただ、私は会社で仕事をしていることが好きで、仕事が趣味のようなところもあります。
また、今まで社員として現場を見ていたので自分なりの目算があったことも決断に至ったことの一つです。


Q.社長に就任後、ご苦労されたことはなんでしたか?
新しい体制で行なっていく上で、今まで役員だった方々に身分の面や報酬の面についての話をしなければなりませんでした。相手にとっては受け入れにくいことでありましたので、お互いの考えの中で、調整が思うようにいかず、納得できずに辞めていかれた方もいます。それが就任してすぐの仕事でした。


Q.就任されて社員との関り方が変わったと思いますが、信頼関係をどのように築かれていますか?
DSCF0895.JPG会社とは、一人ひとりが力を合わせてこそ成り立つものだと考えていますので、その力が最大限に発揮されるように、社員のみんなに気持ちよく働いてもらう環境をつくることが社長の使命だと思っています。
そのため、毎朝工場内を一人ひとりに声を掛けて回ります。会話をすると、社員がどのようなことを考えているかを直接知ることができます。もともと私が社員だったということもあり、気軽に問題点や疑問点を言ってくれたり、提案をあげてくれます。
また、月次の会計をオープンにするようにしました。前までは、売上や利益は、社員は知らされていませんでした。今は社員の誰でもが見ることができるようにしました。そうすることで社員同士の会話も生まれますし、自分の労働がどのように会社の利益に反映しているのかがわかることでモチベーションにも繋がっていきます。


Q.御社はプラスチック成形加工を得意とされていますが主力商品のご紹介をお願いします。nc_gpb01Photo0320070226065536[1].jpg
IT関連のプラスチック製品に特化しています。液晶画面を入れるプラスチックトレイを製造しています。小型ゲーム機の画面から、32インチのテレビの大きさまで幅広く取り扱っています。
国内需要が安定していた9月頃までで、30〜40%の国内生産シェアがありました。
また最近、特許が切れる製品に注目し新規事業を立ち上げ、力を入れている製品があります。新規参入のいろいろな弊害もあり、またお客様との調整で、計画が1年遅れていたのですが、就任して1ヵ月後にようやくスタートすることができました。
後発参入であるため製品に対するお客様の要望は強いのが現状です。レベルの高い製品を作って欲しいというリクエストに応えるため、技術者と社内で綿密な話し合いをしてお客様にご提案できるよう努力しています。
幸いなことに、新製品立ち上げから今までクレームが1件もありません。イコールお客様の評価は高いともいえると思います。これからも、お客様の声を反映させながら、より高いレベルの製品を作っていきたいと思います。
今後は年内にはあと2台機械を増やし、フル稼働させていき、業界内でのシェア率を徐々に増やしていくことで今後の事業の柱になっていけば良いと思います。


Q.現在の不況による影響はいかがですか
新規事業が立ち上がったことで落ち込んでいる部門をカバーしています。
また、社員のみんなが細かい仕事も拾い集めてやってくれています。大変だと思いますが、何も言わずにやってくれていることで厳しいこの時期を乗り越えている状況です。


Q.今後の経営方針を教えてください。
事業計画としては、真空部門と射出部門、それと先に紹介した新規事業部門の3つの柱があります。将来的には新たにもう一つ柱となる部門を作り、リスク分散しながら事業を進めていく予定です。そのために世の中の流れを先読みしていかなければならないと思っています。DSCF0897.JPG
社内的なこととしては、先代からの言葉「和」の精神を受け継いでいきたいと思います。馴れ合いではない仲間意識を持ち、社員が個々の力を合わせて一致団結することで会社が成長していくイメージです。




〜インタビュア西尾より〜
市川社長の就任は、相当な葛藤があっての決意ではなかっただろうかと思います。市川社長のように、従業員50名余りの会社を背負う覚悟ができるだろうかと考えると、少なくとも私はそのような勇気はありません。市川社長のチャレンジとも言える決断は、素晴らしいものだと思いました。
内部体制の整理、また新規事業の立ち上げなどに着手する一方、社長自ら率先して社員とのコミュニケーションを図りながら、会社を変えていこうとしている社長の姿に感銘を受けました。
弊社としても、今後労務面のサポートでお役に立てれば幸いだと改めて思いました。

三友化成工業株式会社様のHPはこちらから↓
http://www.sanyuukasei-pl.co.jp/pc/index.html





posted by nishi at 15:26| 日記