2009年09月02日

寿司和食ひろちゃん 様

第11回は、沼津ぐるめ街道にお店を構え、寿司を始めてんぷら、刺身などの各種和食を少人数から宴会まで楽しめる 
寿司和食ひろちゃん 様をご紹介いたします。
民内浩一社長にお話をお伺いしました。DSCF0939.JPG



Q.社長は御社に入られる前にどんなところでお勤めされていたのですか?
8年ほど修行の時期がありました。大阪や京都、東京の料理屋で働き、料理の基本を学びました。また、料理人として必要なことを教えてもらいました。その頃教えてもらったことで「いつもきれいにしておくこと」「材料を無駄にしないこと」は今でも大事だと考えていることです。
また、当時築地などでお世話になった方とは今でも繋がっていて、人との出会いも得ることができた期間でした。



Q.お店の特長を教えてください。
仕入れに関しては、沼津港からアジやイカなど毎朝仕入れをしています。また沼津では仕入れられないウニ、ホタテなど北海道の食材等は知り合いがいることもあり、毎日築地からの直送便を入れています。食材選びについては、一番は粋がいいこと、そして旬のものを取り寄せることです。シーズンで入れるものを常に変えていきます。そのとき一番おいしく食せるものを考え、仕入れるようにしています。
店構えの部分では、70名ほど収容できる宴会場を持っていることです。現在は回転すしチェーンなどで人気のお店もありますが、我々とはチャンネルが違います。接待や歓送迎会、法事やお祝い事など様々なシーンで利用していただくことができます。また寿司だけでなくてんぷらや焼き物など、その時期に一番おいしい食材を使って調理した各種の和食料理を楽しむことができます。
価格の部分では、質のいい食材で作った料理を安くお楽しみいただけることです。
?O.jpg



Q.おすすめの料理を教えてください。
1,000円ランチが人気です。ちらし、なめろう、天ぷら、アナゴなどのどんぶりものを中心にお出ししています。近隣の企業の社員さん達が気軽に食べに来てくれます。先代である父の時代では考えられない値段ですので、現役の先代との意見の相違もありましたが、質は落とさず、良いものを低価格で提供して多くのお客様に自店の味を知っていただきたいという考えでやっています。また、宴会もご予算に応じて承ります。お気軽にお問合せ下さい。



Q.厳しい時代ですが社長様が考えられる料理に対する姿勢を教えてください。
このご時世だからこそ常に基本に帰ることを忘れないようにしていきたいです。単純においしい卵焼きを作るとかおいしいのり巻きを作るとかそういうことが大事なのではないでしょうか。



Q. お店を続けていかれる上で、一番大事にされていることは何ですか?
お客様に対しての感謝の気持ちです。先日、団体での予約があったのですがどうしてもその時間に他の団体様の先約があったためやむを得ずお断りしたのですが、どうしてもひろちゃんで食べたいと言って下さり、お寺での法事の時間をわざわざずらして再度予約を入れてくれたのです。そのようなお客様もいてくださるということを忘れないようにすることです。



Q.先代からのお店ですが、今後どのように展開していきたいですか。先代が作り上げた長い間地元に親しまれてきた味は変えずに守っていきつつ、時代に合った料理を常に追及しながら新旧を融合した新しい味を作り出すために精進していきたいと思っています。これからも、幅広い層のお客様に本格的な料理を低価格で堪能していただけるような店作りを目指していこうと考えています。?X.jpg



Q.今やっているイベントがございましたら教えてください。では、「あいマネ通信を見た」と言っていただいたお客様にはワンドリンクサービスさせていただきましょう!
                    







〜インタビュア西尾より〜
よく事務所に立寄ってくださる民内社長様はいつも明るく元気いっぱいの方です。お客様に対してもきっと笑顔で接していらっしゃるのだろうと感じます。
私も何度か食事に行ったことがありますが、おいしさはもちろん、ボリュームもあり満足感いっぱいです。
「あいマネ通信を見た」と言って皆さんも一度食べに行ってみてください。

寿し和食ひろちゃん様のHPはこちらから↓
http://www.sushi-hirochan.com/





posted by nishi at 09:47| 日記